ホーム  > ZEH(ゼッチ)について

ZEH(ゼッチ)について

エネルギーを、減らして、創って、0にしよう!

ZEH(ゼッチ)って何?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したもの。住宅の断熱性能と省エネ性能を上げ、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを実現します。さらに、太陽光発電等でエネルギーを創ることで、年間に消費するエネルギー量が正味おおむねゼロ以下となる住宅のことをいいます。
地球温暖化ガスの排出量削減が求められる中、環境にやさしい暮らしには、住宅の省エネルギー化が欠かせません。政府は、2020年までに注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標としています。

ZEHを実現するには?

高い断熱性能を基に、省エネと創エネを組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量(※1)をゼロ以下にします。

iHouseは、ZEHという概念が生まれる前から既に
ZEHの基準をクリアする住宅をつくっていました。

i Houseの住宅はすべてZEHに対応しています。

iHouseの通常の住宅工法ならば、特別な工程を追加する必要はありません。一般的なサイズの太陽光発電を導入するだけで、ZEHの住宅が実現します。消費するエネルギーよりも創るエネルギー量が多い、環境にやさしい住まいが手に入ります。

iHouseの優れた住宅性能

高断熱材セルロース
ファイバー

セルロースファイバーは、木質繊維を使った高断熱材。室内の暖かい・涼しい空気を逃がさず、室内の結露を防ぎます。

次世代省エネルギー基準
Ⅱ地域適合住宅

住まいの断熱性能や気密性能に優れた省エネ住宅。快適さと省エネルギーを両立するエコな家づくりに取り組んでいます。

※ZEHには、要件を満たせば補助金が交付されます。詳しくはお問い合わせください

ZEH普及目標

iHouseは、平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業のZEHビルダーに登録し、ZEHの普及に取り組んでいます。今後の普及目標と事業計画です。

今後のZEH普及率目標

平成32年度までにZEH普及率60%を目指します(受注住宅のうちZEHが占める割合。Nearly ZEHを含む)。

平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH受託率
(Nearly ZEH含む)
20% 30% 40% 50% 60%

ZEH普及策

1.ZEHの周知・普及に向けて
ホームページや広告などを通して、ZEH住宅の周知および普及に努めます。また、展示場への見学来場者に向けて、ZEH住宅について分かりやすく説明できる資料を整備し、充実を図ります。

2.ZEHのコストダウンに向けて
ZEH仕様の標準化を図るとともに、各建材・設備メーカーと協力し、資材ロスの削減を行い、コストダウンを目指します。

3.その他の取り組み
地域型住宅グリーン化事業に積極的に取り組むとともに、ZEH住宅を推進し、建物本体の断熱・気密を重視し、創エネに頼らない家づくりを行います。

ZEH実績報告

2020年に向けてのZEH普及目標への実績報告を行いましたので公表いたします。